ヤマネを守ることは、森を守り、みんなを守る。ヤマネ・いきもの研究所の サイトへようこそ!

【みどりの風】でヤマネとアニマルパスウェイが紹介されました。

  1. HOME >
  2. 新着情報 >

【みどりの風】でヤマネとアニマルパスウェイが紹介されました。

特集は「樹上の生活者」

「アニマルパスウェイ」~ 森と森をつなぐ人口の「けものみち」

セブン‐イレブン記念財団が発行する広報誌【みどりの風】の2022年春号で「アニマルパスウェイ~動物の命をつなぐ森の架け橋」の記事が掲載されました。

道路や鉄道はわたしたち人間にとっては便利ですが、樹上に暮らす動物たちには深刻な脅威を与えています。この特集では、樹上動物を守る取り組みとしての「アニマルパスウェイ」と、その設置にいたる背景、研究と工夫、普及活動について、次のような内容がより詳しく紹介されています。

 

八ヶ岳山麓の「アニマルパスウェイ」

日本の森林面積は国土の約八割で、世界有数の豊かな森を持っています。
そして、そこにつらなる道路では、森の動物などの道路上での轢死(れきし)事故による「ロードキル」が増えています。また、道路などで森が分断されることにより、いきものの遺伝子の多様性が失われことが危惧されています。

八ヶ岳山麓にある「アニマルパスウェイ」は、こうした危機から森の動物を救うためのユニークな取り組みです。北杜市の「アニマルパスウェイ」1号機では、ヤマネが3か月に800回渡ったことが記録されています。また「アニマルパスウェイ」を利用する樹上性の小動物には、夜行性のヤマネやヒメネズミ、昼行性のニホンリスなどの哺乳類だけでなく、キビタキやビンズイ、シジュカラといった野鳥たちも羽を休めています。

各地のアニマルパスウェイ

「アニマルパスウェイ」には、その原型となる、清里高原の「アニマルブリッジ」の建設(山梨道路公社、1998年)があります。そののち、民間企業が協力して「アニマルパスウェイ研究会」を発足し、以来、普及のための有効性と大幅なコストダウンを目指す「アニマルパスウェイ」の研究・設置を行っています。同研究会は橋の形状や設置場所の調査・研究、設置後のモニタリングなどに継続的に取り組んでいます。

「アニマルパスウェイ」は現在、国内に7ヵ所(うち北杜市3ヵ所)、海外(イギリス)に1ヵ所設置されています。また現在、新たな設置場所の研究調査も進めています。

イギリスの事例

「アニマルパスウェイ研究会」が作成した設計図を参考に、イギリスの環境保護団体が、鉄道の線路上に設置しました(イギリス・ワイト島)。

岩手県の事例

岩手県盛岡市の国道の上に、全長35mの「アニマルパスウェイ」が設置されています。その下では、一日平均約3万台の車が通ります。設置後16日で、リスの利用が確認されました。

三重の和(アニマルパスウェイ)

近年では、地域の特性を考慮した、新しいタイプの「アニマルパスウェイ」も設置されています(国交省、2021年)。これは、三重県の国交省による9年間のヤマネの学術調査をもとに設計されました。この「アニマルパスウェイ」は『三重の和』と名づけられました。そのコンセプトは”開発とヤマネとの共生の和”を願ったものです。

当会では、ヤマネをシンボルに、環境教育と連携した「アニマルパスウェイ」の普及啓発を、一般社団法人 アニマルパスウェイと野生生物の会と共に進めています。
私たちは、森の分断による悪影響から小さな生き物を守るため、そして持続可能な社会のために、日々取り組んでいます。

セブン‐イレブン記念財団について

一般財団法人セブン‐イレブン記念財団は、セブン‐イレブン創立20周年記念事業として、
セブン‐イレブン加盟店と本部が一体となって、環境をテーマに社会貢献活動に取り組むべく設立されました。

おすすめページ

1

日本ヤマネの冬眠、繁殖、育児などの生態を詳述し、森に暮らすヤマネたちの保全や環境教育のさまざまな取り組みについて紹介する

2

ヤマネ ヤマネのフォトギャラリー さまざまなヤマネ   写真などの著作権に関しましては、著作権とリンクをご覧ください。

「SDGsかるた」寄贈|ヤマネ・いきもの研究所 3

テレビ・ラジオ 新聞・雑誌 SNS テレビ:日本テレビ「King & Princeる。」2022.4.23 日本テレビ系バラエティー番組『King & Princeる。』の「岸、生き物 ...

4

Q1.ヤマネ・いきもの研究所の目的は何ですか? 「ヤマネ・いきもの研究所」では、「ヤマネ」をはじめとしたこの地球に生きる「いきもの」のことについて、みなさんに知っていただき、また、それらの保全活動も行 ...

-新着情報, 環境教育, 寄付・助成, メディア
-, , , , , , , ,

© 2022 ヤマネ・いきもの研究所|Dormouse & Wildlife Institute