ヤマネを守ることは、森を守り、みんなを守る。ヤマネ・いきもの研究所の サイトへようこそ!

「エコプロ2021」に出展しました

  1. HOME >
  2. 新着情報 >

「エコプロ2021」に出展しました

エコプロ2021★広げよう野生動物の歩道橋

~アニマルパスウェイで繋ぐ森と命~ SDGs No.15 陸の豊かさも守る

当研究所は、エコプロ2021(東京ビッグサイト・2021年12月08日~12月10日)に、「一般社団法人 アニマルパスウェイと野生生物の会」と共催出展しました。
エコプロ展は国内最大級の環境総合展です。今年のテーマは「持続可能な社会の実現に向けて」です。私たちのブースでは、「アニマルパスウェイ」の模型展示と野生動物のモニタリング映像などを出展しました。

 

今年のエコプロ展は規模が縮小され、入場者は合計約5.5万人と最盛期の1/3程度であったとのことです。しかしながら、来訪する小中高校生の数は変わらないそうで、当展示のブースには見学者に大勢お越しいただきました。また、自治体、大学、保護団体関係者など専門家のご来場もあり、 アニマルパスウェイの建設に関する専門資料もお渡ししました。

 

エコプロ展での配布資料より(ヤマネのクリアファイルとヤマネ・いきもの研究所パンフレット)

日本の生きものを守ることは、森を守り、みんなを守り、そして、未来を守る

皆さんがいつも使っている道路は、様々な生活に役立っています。日常生活、旅行や物流それに防災など道路がなければ私たちは豊かな暮らしをしていけないでしょう。

その道路をつくるには、森や林を切り開いて連続した道を建設しますが、そのために困ってしまう生き物たちもいるのです。特に森の中の枝を通り道にしているリスやヤマネ、モモンガやムササビなどは、道路ができると渡れなくなってしまいます。時には道路を渡ろうとして轢かれて死んでしまいます。

そんな動物のために、私たちは森と森を繋ぐ「野生動物の歩道橋:アニマルパスウェイ」を研究しています。このブースでは皆さんに森の樹上性動物とアニマルパスウェイについて紹介しました。

 

イベント概要

テーマ:広げよう野生動物の歩道橋~アニマルパスウェイで繋ぐ森と命~ SDGs No.15 陸の豊かさも守る

日程:2021年12月08日~12月10日

会場:東京ビッグサイト 東ホール

参加費:無料(登録制)

こんな方に:

  1. 自然や動物保護に興味のある方
  2. 自然保護団体(市民や企業)
  3. 道路利用者と管理者
  4. SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」に関心のある方

共催:一般社団法人 アニマルパスウェイと野生生物の会、一般社団法人 ヤマネ・いきもの研究所

エコプロ2021公式サイト:https://eco-pro.com/2021/

エコプロ2021出展者情報:https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/16996/

おすすめページ

1

日本ヤマネの冬眠、繁殖、育児などの生態を詳述し、森に暮らすヤマネたちの保全や環境教育のさまざまな取り組みについて紹介する

2

ヤマネ ヤマネのフォトギャラリー さまざまなヤマネ   写真などの著作権に関しましては、著作権とリンクをご覧ください。 関連記事「つながる募金」の利用を開始しました 2021年11 ...

「SDGsかるた」寄贈|ヤマネ・いきもの研究所 3

テレビ・ラジオ 新聞・雑誌 テレビ:TBS「やってみようよSDGs 地球を笑顔にするTV」 TBS特番「やってみようよSDGs 地球を笑顔にするTV」の【SDGs目標15】陸の豊かさも守ろうのコーナー ...

4

Q1.ヤマネ・いきもの研究所の目的は何ですか? 「ヤマネ・いきもの研究所」では、「ヤマネ」をはじめとしたこの地球に生きる「いきもの」のことについて、みなさんに知っていただき、また、それらの保全活動も行 ...

-新着情報, イベント, 環境教育
-, , , , , , ,

© 2022 ヤマネ・いきもの研究所|Dormouse & Wildlife Institute