ヤマネを守ることは、森を守り、みんなを守る。ヤマネ・いきもの研究所の サイトへようこそ!

森の妖精のつり橋【アニマルパスウェイ】がTBSにて紹介

  1. HOME >
  2. 新着情報 >

森の妖精のつり橋【アニマルパスウェイ】がTBSにて紹介

「やってみようよSDGs 地球を笑顔にするTV」

分断された森をつなぐ安全な道 アニマルパスウェイ

TBS「やってみようよSDGs 地球を笑顔にするTV」の【SDGs目標15】陸の豊かさも守ろう、のコーナーで、アニマルパスウェイが紹介されました。

国土の狭い日本では、年間約5万頭の動物が交通事故にあっています。古くから暮らす天然記念物ニホンヤマネも、山梨県の清里高原においては、1998年に森に道路が作られて以来交通事故が絶えず、さらに道路で分断されたことで、エサを得る事や繁殖の機会が減り、その数が減っているとされています。

TBS「やってみようよSDGs 地球を笑顔にするTV」10月31日(日)放送分 *期間限定公開

山梨県清里高原で取材

当番組では、当会の湊が、森と森をつなぐつり橋「アニマルパスウェイ」の開発について紹介します。そこでは、ヤマネがつかみやすいワイヤーのサイズや、天敵から身を守るシェルターの設置などの工夫に、約10年の試行錯誤したこと、今では、ヤマネだけでなくリスなど森で暮らす小動物が、アニマルパスウェイ利用していることなどが解説されています。

アニマルパスウェイは、11月1日の気候変動枠組み条約COP26の政府パビリオンでも写真が説明付きで展示されました。(英国グラスゴー)


ヤマネ・いきもの研究所では、「ヤマネ」に関するテレビ番組や環境教育の動画収録などに協力しています。

現在、八ヶ岳、紀伊半島、隠岐などでヤマネの調査を進めています。

今後は、これらの「ヤマネ動画」を学会や論文の大事なデータとして活用すべく、取り組みを進めています。

おすすめページ

1

日本ヤマネの冬眠、繁殖、育児などの生態を詳述し、森に暮らすヤマネたちの保全や環境教育のさまざまな取り組みについて紹介する

2

ヤマネ ヤマネのフォトギャラリー さまざまなヤマネ   写真などの著作権に関しましては、著作権とリンクをご覧ください。 関連記事首相官邸 海外向けSNS 『JAPAN GOV』で紹介されまし ...

「SDGsかるた」寄贈|ヤマネ・いきもの研究所 3

テレビ・ラジオ 新聞・雑誌 テレビ:TBS「やってみようよSDGs 地球を笑顔にするTV」 TBS特番「やってみようよSDGs 地球を笑顔にするTV」の【SDGs目標15】陸の豊かさも守ろうのコーナー ...

4

Q1.ヤマネ・いきもの研究所の目的は何ですか? 「ヤマネ・いきもの研究所」では、「ヤマネ」をはじめとしたこの地球に生きる「いきもの」のことについて、みなさんに知っていただき、また、それらの保全活動も行 ...

-新着情報, 調査・研究, メディア
-, , , ,

© 2021 ヤマネ・いきもの研究所|Dormouse & Wildlife Institute